臨機応変に対処

塾の講師の能力は生徒とどのように向きあっていくかということで決定されていきます。生徒が躓いているポイントはすぐに気づき、丁寧に解説するような義務を果たしていかなければなりません。理解の良い生徒も当然おり、そのような生徒たちは生徒たちで発展的視野にたち迎え入れていかなければなりません。様々な生徒に合わせるってとても大事なことに見えます。

しかし、それは、生徒としっかり向きあうというモチベーションによって実現されていくはずです。生徒中心の授業とは……ということを考えれば、目的に到達できるはずです。集団授業の場合においては、このような点にあまりにも意識し過ぎれば、進度に対して支障をきたすこともあり、また注意も必要なようですが。バランスはしっかりとれているかという配慮をいつもしていることも、塾の講師の能力と考えてください。

できると自分で思っている塾の講師ほど、この教え方ということを決めつけてしまって、臨機応変に生徒たちに寄り添うことができなくなってしまう傾向があります。塾の講師の能力と言いますが、やっぱり、それも努力が作り出すものであり、最初は誰だってうまく行かないものだという楽観的気持ちも大事です。

Copyright © 2016 塾講師に必要な能力。